<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GCM庚申庵倶楽部総会を開催しました。

庚申庵倶楽部 2011年総会を開催しました。

庵で総会を開き、1年間のまとめと2011年の事業計画等について決議されました。

今日は庚申庵はとても蒸し暑い日。

それでも時折、吹きぬける風は涼しく感じられ、自然の会議室!?もよかったです。

午後からは、地域の皆様にも文化発信をしようという企画で

庚申庵にて文化講演会を開催しました。

地元の方を中心に参加者人数は20名。

題目は庚申庵ならではの『庚申待ちについて』

講師は、日本女子大学 福田 安典先生。

みなさん庵で聞く、庚申庵ゆかりの庚申庵信仰について、熱心に聞いたり、質問したり、

大いに学ぶことができたようです。

庚申庵の庭はこれから、夏にむかいますが、夏の草花ももうすぐ咲き始めるので

また時折訪ねてみてください。

5月21日庚申庵にて

b0020130_16312825.jpg

[PR]
by koushinanclub | 2011-05-21 16:47 | 本日の庚申庵

5月3日は開園記念イベント開催します。

b0020130_2243855.jpg


庚申庵は栗田樗堂が1800年寛政12年に建てた庵です。四畳半と三畳と二畳の間取りで床の間はありません。玄関から二畳へも四畳半のへもいける三畳の入口は、少し低くなっていて頭を下げて入室します。210年前にたてらてた庵が戦災にもあわず、老朽化にも耐え、味酒野の地(松山市味酒町2丁目6-7)にかわらずあり、ノダ藤(推定樹齢200年)ととも守られ、現在は松山市庚申庵史跡庭園として、愛媛県指定史跡『庚申庵』を見学することができます。
俳人が遺した庵が、建物として現存しその場所のまま保存されていることや
文化財の見学だけでなく庵を利用・活用して維持保存していることなどが特徴です。
昭和の時代より5月3日は藤の見ごろを迎え、これ以後藤の維持のため、花房を落としていたことや
公有化施設としてオープンした日が5月3日でこの日は、開園記念イベントを毎年開催しています。

今年は、10時30から一時間ごとに講話(各お話プログラム15分程度4回)と煎茶を庵で楽しでいただく『庚申庵よもやまばなし』と12時30分から松山東雲中学・高等学校のハンドベル部のみなさんによる『庭園コンサート』(30分程度)を開催します。お茶と和菓子のセットは有料となりますが、見学・参加は無料となりますので皆さんお気軽にお越しください。

残念ながら今年は例年になくノダ藤の花の数がとても少ないです。昨年の猛暑や今年の寒さなどが影響している思いますが・・・・。今年は来年の為に少し藤にも休養をとってもらい、ノダ藤満開の感動は来年に持ち越すとして、5月6日には立夏になる移ろいゆく初夏の庭園を満喫してください。
今年はあちらこちらでツツジの花がとてもきれいにさいています。庭園のツツジも見事に咲いています。また、お昼過ぎから夕方にかけて花がとてもいい薫のする木やシダレモミジの若葉の彩りも必見です。
b0020130_2312818.jpg

黄菖蒲も例年より遅く5月2日に一つ咲き始めました。
b0020130_23155240.jpg

芝桜も存在感をかわいくアピールしています。
b0020130_2318297.jpg

[PR]
by koushinanclub | 2011-05-02 23:20 | イベントのご案内